2024年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
[LEFT_POLL]
 

トップ > 洗剤・シャンプー・除菌消臭 > パワー石けん(無添加) 100g

パワー石けん(無添加) 100g パワー石けん(無添加) 100g
パワー石けん(無添加) 100g パワー石けん(無添加) 100g
拡大画像

パワー石けん(無添加) 100g

塩石けんって何?
塩石けんというのは、名前のとおり塩を配合したせっけんのことです。
海の水から作られる海塩を高濃度で配合した石けん「パワー石けん」を販売しています。
弊社以外の製品にも、塩石けんと言う名前を付けた商品がいくつか存在しますが、それは塩の配合量がとても少ない商品です。
「パワー石けん」では約30%の塩を配合しています。
これほどの塩を配合した石けんは、世界でも他にはありません。
使用している塩にも気を使っています。
「パワー石けん」では、豊富なミネラルをたっぷり含む瀬戸内海産の天然海塩を使用しています。塩そのものの収れん効果や発汗作用などに加え、ミネラルによる肌への効果も期待できるのです。
「パワー石けん」は、一般的な石けんとは使い心地が違います。
「パワー石けん」で洗顔したあとは、泡切れがとてもいいです。冷水やお湯でさっとすすぐだけでヌルヌル感がなくなり、さっぱりとした洗い心地となります。

特許取得の特殊製造方法
従来からある石けんの製造方法「枠練り法」では、石けんにたくさんの塩を配合することができませんでした。「枠練り法」では、石けん素地に水を加え熱し、石けん素地が熱で溶けたところに、香料や保湿剤などを加えよく練り混ぜ、その後冷却して冷やし固めます。この冷却には、数日から数週間かかることがあります。枠練り法で、塩を30%も入れた塩石けんを作ろうとすると、冷却しても固まらなかったり、石けんと分離してしまったりします。

そのため、枠練り法で高濃度の塩石けんを製造することは不可能なのです。この方法で作れる塩石けんには、せいぜい数パーセント程度の塩しか配合できません。塩石けん製造のために開発した「真空加圧製法」真空加圧製法は、枠練り法とは全く違う方法です。
水分を除去した石けん素地を微粉末化し、同じように微粉末化した海塩と混合します。これを真空中で高圧プレスを行い、固形化するものです。
煮溶かしたり、水分を加えることがないため、塩が分離することもなく、この方法で塩石けんを製造することに成功しました。この真空加圧製法は、従来にはなかった石けん製造方法であります。
真空加圧製法では、製造工程で水も熱も加えません。そのため、排水も排熱もない、とてもクリーンな製造工程です。

さらに、一般的な練り石けんには30〜50%もの水分が含まれているのに対し、パワー石けんには約2%程度の水分しか含まれていません。そのため、通常の石けんよりずっと長持ちで、洗顔するなら3ヶ月、全身につかっても1ヶ月はじゅうぶんご使用になれます。非常に密度が高く堅いため、水分が染み込みにくく、お風呂場に置いておいてもどろどろに溶けてしまうことがありません。
最後まで無駄なくご使用になれるので、とても経済的です。

お塩の力で健康美肌へ
「パワー石けん」が肌をきれいにしてくれるのは、どんな仕組みなのでしょう?
「パワー石けん」は、石けん素地と海塩、そしていくつかの保湿成分だけで作られたとてもシンプルな石けんです。美肌効果に優れた特殊な成分が配合されているわけでもありません。お肌に対して、アクティブにシミを除去したり美肌効果を発揮したりと言う、肌を美しくする成分は含まれていないのです。

皮脂を取り過ぎない「ほどよい洗浄力」の石けん素地
「パワー石けん」の主原料である石けん素地には、皮膚の汚れはしっかり洗浄しながらも、皮脂を根こそぎ取るのではなく、必要な皮脂分を残せる、ほどよい洗浄力の石けん素地を使用しています。
そのため、液体洗顔料のように、洗顔後でも肌がカサカサになってしまうようなことはありません。
肌自身の力によって、自然と皮脂が供給され、ナチュラルなしっとり感が生まれます。

肌に刺激を与えない生理食塩水レベルの塩分濃度
「パワー石けん」には塩が約30%という高濃度で配合されています。
当然ながら、「パワー石けん」で洗顔するときには、塩分が含まれた石鹸液で洗うことになります。
通常、食塩水で洗顔すると、傷にしみそうだとか、かさかさになっていまいそうと考えてしまいがちです。ところが、「パワー石けん」で洗顔しても、通常の石けんと比べて傷にしみたり、かさかさになったりすることはありません。逆に、湿疹などができていても痛くない等、洗った後がしっとりします。
それというのも、「パワー石けん」で洗顔する時の石けん液が、通常の塩水よりもずっと薄い0.9%程度の塩分濃度だからです。
この0.9%という塩分濃度は、血液などの体液とほぼ同程度の塩分濃度で、もっとも肌に刺激を与えない塩分濃度なのです。やけどの傷を洗浄する場合には、塩分0.9%の生理食塩水が使用されることからも、「パワー石けん」がどれだけ刺激の少ない石けんか、おわかりいただけると思います。
従来からの、肌に刺激を与える洗顔料では、洗顔のたびに肌にダメージを与えていました。
「パワー石けん」による洗顔では、肌を傷めることがないため、肌自身が徐々に健康な状態に戻っていくのです。今まであったダメージが取り除かれることで、素肌は健康を回復し、きれいで肌理の整った、美肌がよみがえるのです。「パワー石けん」に約30%という高濃度で塩を配合しているのは、使用時の石けん液の塩分濃度を生理食塩水レベルにするために必要だったからです。

無添加へのこだわり
パワー石けんは、できるだけ多くの方にお使いいただけるように、化学合成物質無添加で製造しています。例えば、一般的な石けんが持つ甘い香り、あの香りは、香料によるものがほとんどですが、香料も添加物とみなしていますので、パワー石けんには香りはありません。
ほのかに昔からの石けんの香りがします。

石けんによっては、湿度が多く暖かい場所で使われることを想定して、防腐剤や防カビ剤などを添加した製品も少なくありません。パワー石けんの場合、石けん自体がpH10 程度の弱アルカリ性であることと、20%以上という高い割合で塩が配合されているため、全く防腐剤や防カビ剤を添加しなくても、カビが生えたりすることはないのです。
さらに、石けんの多くには、より豊かな泡が立つように、発泡剤と呼ばれる化学成分を配合することがあります。石けん素地だけではしっかりした泡が立たなくても、様々な添加物によってしっかりした泡を作ることが可能になるからです。
パワー石けんでは、発泡剤も全く配合しておりません。
それなのに、メレンゲのようなしっかりした泡を、だれでも簡単にたっぷりと泡立てることができます。メレンゲのようにきめが細かく、時間がたっても泡がそのままつぶれないしっかりした泡は、たくさん配合している塩の効果で実現できています。塩が泡の増粘効果を発揮し、きめ細かくしっかりした泡を作り上げてくれるのです。
商品コード : 5100
価格 : 3,300円(税込)
ポイント : 33
数量
 

1万円以上は配送料無料(メーカー直送品は除く)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ